航空会社のマイルでアップグレード

航空会社のマイルを使ってアップグレードしたことがあります。

アップグレードとは、エコノミーからビジネス、ビジネスからファーストにするというものですが、当時、エコノミーからビジネスにする際、北米(カナダ、アメリカとメキシコ)からは、片道25000マイルでできるということで、私は旅行会社で働いていたこともあり、それをしている人が多いということを知りました。

自分自身も、色々と、海外旅行に行っていて、そこそこマイルがたまっていたので、一時帰国をする際に、航空会社のマイルを使ってアップグレードができる日程を選んで帰国することにしました。

これをすることによって、ラウンジだって使えることになりますから、空港に早く行ったって、それなりに楽しく過ごすことができるのです。

そこで、サービスの食事や飲み物を堪能して、良い気分で機内へと向かいました。

そこでも、まずはドリンクサービスを受け、楽しい思いに浸りながら、映画を楽しんだり、やたらとCAさんを呼んで、ドリンクを注文したりと、至れり尽くせりで、長旅も、もっと長ければと思ったほど楽しいフライトとなりました。

食事もレベルが高かったので、日本到着後、満腹状態なくらい、満足しました。

どこのクレジットカードでマイルを貯めるのが得なのか?

クレジットカードを使ってマイルを貯めるときは、航空会社のマイルを貯めることが出来るクレジットカードがおすすめです。

どこの航空会社のクレジットカードがおすすめなのか気になる人も少なくはないと思います。

航空会社を選ぶ時には、自分がどこに旅行に行きたいか、どこに行く頻度が高いかなどによってカードを選びます。
航空会社を選ぶ時には、3つのグループに分けられており、どのグループのカードを選ぶかを考えることになります。

JALワンワールドグループ、ANAスターアライアンスグループ、デルタ航空を中心としたスカイチームの3つのグループに分けられます。

行きたいところが多い時には、一番大きなグループと言われているANAスターアライアンスを利用するといいでしょう。

JALやANAは日本国内で使いたいときにはすごく便利で、その中でもANAの方が便数は多いです。

デルタ航空を通信としたスカイチームは、付与されたマイルに期限がないケースがありますが、使用時のマイル設定も高く設定されています。
マイルが貯まりやすい分、使いたいときにもたくさんマイルを必要とするのです。

マイルを貯めるときは、その前に貯めて何をするのかを決めておかなければいけません。

それによってどのグループのカードでマイルを貯めるのかが決まってくるのです。

陸マイラーとしてマイルを貯める基本的な考え方

航空会社のマイルは、飛行機に乗ればマイルが貯まり、貯めたマイルで飛行機などに乗る事も出来るとても便利です。

飛行機に乗ってマイルを貯める人の事をマイラーと呼ぶのに対し、クレジットカードマイルを貯める人の事を陸マイラーと呼びます。買い物でも多くのマイルが貯まるので、飛行機に乗る以外でもマイルの貯まる方法はあります。

特に一般的な人では飛行機に乗る機会が出張などがい限りではないので、日々の買い物でマイルを貯める事が良いです。

会社関係で飛行機に多く乗る人は、何の苦もなくマイルがどんどん貯まっていきますが、陸マイラーは、ちょっとだけ工夫が必要と言えます。買い物でのマイルの貯め方の基本は、クレジットカードの利用額100円に付き1マイル獲得という事です。

効率的にマイルを貯めようと考えた時に、最初の一歩として、あらかじめマイレージ口座がセットされているクレジットカードに入会する事が肝要です。

マイルを貯めるには航空会社系のカードが一番オススメで、入会時のボーナスマイルと、毎年発生する更新マイルがあるので貯まり方がとても早い特徴があります。

財布から直接出す10000円とカードで支払う10000円では、どちらも支出は同じになりますが、現金の支出をカードの支払いに変更できるかがポイントと言えます。

航空会社のマイルは家族に分けられる

航空会社のマイルは、あなたの名義で貯めているものですから、あなたしか使用できないということもありますが、日本の航空会社であっても、ファミリークラブなどに登録すれば、家族全員がそのマイレージを使用することができます。

海外ではそんな手間を省いて利用できることがあるので、ご紹介しましょう。
例えば、メキシコの大手航空会社のマイルですが、それを貯めて、他の提携航空会社(アライアンス)に利用することもできます。

ですが、そのためた航空会社のマイルで、自分のためでなく、登録なしに、夫や妻などに、それを利用させる権利を口頭で得られることができるのです。

もちろん、航空会社のマイルが使える枠に空きがなければ、利用することはできないのですが、空きがあれば、そのマイレージを貯めた人の家族は、そのマイレージを使って、フリーチケットを購入することができるのです。

その際には、その場に、マイレージ保有者である配偶者なり、家族なりが必要となりますので、その人と一緒に、電話をかけるようにしましょう。

これに関しては、インターネットでできないので、必ず、電話でのやり取りとなり、航空会社によって、このプライバシーは異なるので、注意しましょう。